かふぇー

お久しぶりです。今回は企画営業部の山﨑が担当いたします。

さてさて、皆さんはコーヒーはお好きですか?仕事や朝食のお供など、手放せない方が多いのではないでしょうか?

わたくし山﨑も悲劇的に胃腸が弱いのですが、コーヒー愛好家だったりします。そんなわけで最近御世話になったカフェについて今回はお話させていただきます。と言っても、中々、沢山思い浮かぶので最近日本に上陸したカフェチェーンに絞って進めていこうかと思います。

まずはニュース等で話題になった、あのアメリカ西海岸発のカフェからです。

Blue bottle coffee

blue本体

コーヒー界のAppleといわれているカフェです。昨年暮れぐらいだったかと思いますが、日本に上陸しました。サンフランシスコ近くのオークランド辺りで創業のカフェだそうです。特徴は徹底的に1杯1杯にこだわっていること、ハンドドリップで丁寧に入れてくれます。焙煎施設を併設したいから、そして創業の地と雰囲気が似ているからという理由で、清澄白河に日本第一店舗を出したみたいです。

正直、土地柄他に目ぼしいスポットも無いような場所ですが、日曜日ということもあって、大勢のお客さんが来ていてコーヒーを飲むまでに1時間ほど並びました。

blue内装店内はカフェというより、焙煎所におまけでカフェが付いているような感じです。席も20席程度、共用の名がテーブルしかありません。カウンターでone originかブレンドを選んで頼みます。味は凄くスッキリしていて誰にでも飲み易いコーヒーだと思います。ワッフルは正直、ただのワッフルでした。多少、清澄白河駅からも歩きますが、興味のある方は立ち寄ってみてください。blue外装

次は真逆の東海岸で創業したカフェです。

GORILLA COFFEE

ゴリラ内装2こちらはBlue bottleとは逆に、繁華街の渋谷のど真ん中にオープンしました。エスプレッソドリンクに力を入れています。たぶん・・・。NYのブルックリンでクリエイターに親しまれたカフェのようです。ブルックリンといえばトレンドの発信地として最近注目されてますね。コルタードコルタード

エスプレッソと何かを割ったドリンクです。店員さんが丁寧に説明してくれたのですが、忘れました。はは。暖かいのをグラスで飲むのが若干変わってます。ゴリラ内装内装は工場のような感じです。ブルックリンらしさをイメージしてるんだと勝手に解釈してます。BGMがかっこいいです。

こちらは比較的並ぶこともなく、1人2人なら席の確保もそんなに難しくないかと思います。あと、フードを含めてメニューが凄くバラエティに富んでいるので何回でも楽しめます。

御時間があったら是非立ち寄ってください。

では、また次回。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中