これぞ大阪

10月の3連休は大阪に居ました。
去年は中日1日のみの参戦だったMINAMI WHEEL(ミナホ)に今年は3日間。
なんとも贅沢なライブ三昧でした。
3日間で見たアーティストは以下の通り。

MW16
見ての通り1日150組ものアーティストが大阪ミナミに終結。
なんなら出ていないアーティストもここに来ているので、このミナホというイベントは恐ろしい。
ライブは結構見てますが、さすがにこれだけ出てますとね…
大体1/3位しか見たことはありません。

タイムスケジュールだけ見ても凄さと感動は普通伝わりません。
これだけ詰っていると、まずどこに見に行けばいいのだろうか。
そんな自分のスケジュールを組むことから楽しさが始まります。
次はここ、その次はここ。
その間の移動も加味しなければなりません。
ライブハウスによっては距離が離れていて、移動に時間をとられるケースがあります。

そんな希望を詰め込んで完成した自分のスケジュール。
それも当日にあっさりと覆されます(笑)
それは入場規制と言うもの。
大勢の人がその場所に殺到した場合は、そもそも入れません。
その場所に行ったにも関わらず入れないというのは悲しみでしかない(笑)
入れない場合は入場待機列に並ぶことになります。
中から人が1人出てきたら1人入るという。
いつ入れるか分からない入場待機列でほぼ1日過ごしたという話もあったりなかったり。

どうしても見たいアーティストの為に並ぶのも一つの選択ですけど、
第2、第3の候補を決めて、情報収集しながら次々に移動するのが楽しいです。
時間には限りがありますし。
それに外には当日出演する人から翌日以降に出演する人、全くでない人、
多くのアーティストがそこらじゅうに居ます。
短い時間ですけど、そんなアーティストと会話をするのも並んでいたら出来ないですから。

あとこれも人によりますが、ゆったりとスケジュールを組まない限り、
特に食事をとる時間はありません(笑)
結局移動の途中とかの軽食で済ませてしまうんですよ。
しらんがなと甲賀流のたこ焼きにも大変お世話になりました(笑)
しらんがな
もちろんその日その日で地の物を食べる時間は無きにしも非ず。
というのもミナホが終わった後の夜~深夜~明け方の時間帯にも、
関連イベントが盛りだくさんなのです。
本来別料金の入場料が、ミナホチケットで無料になったりします。
そんな、見る人が見たら夢のような毎日ですが体力が続きません(笑)

街全体がこのイベントに力を注いでいますので、 提示で○%オフというお店もあります。
先にも書いたとおり出演者もとにかく見て欲しいという気持ちが強く、
その宣伝は力が入っていて、1人でも多くの人に伝えようとしています。
特に行き先を決めていない人がそういった姿から、見に行ったりするのも良いところ。
サーキットフェスは大好きですが、ここまでお祭り感あるのはミナホだけです。

新大阪
今年もいろんなアーティストと出会えて、帰りもずっと余韻が続きました。
また来年も行くんでしょうね・・・

五十嵐

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中