VOLLEY BALL

営業部の飯田です。

近頃めっきり寒くなり、冬も本番となってまいりました。

世間はクリスマスカラーに染まり、町行く人はどこかウキウキとした足取りに見える今日この頃です。

そんな話題には事欠かないこの時期ですが、今回は季節感をまるで無視して、私の趣味でもあるバレーボールについてお話しようと思います。

%e6%97%a73%e3%83%9c%e3%83%bc%e3%83%ab

多くの人が、人生で一度は学校の授業や遊びでバレーボールをしたこがあると思います。

そんな皆さんはバレーボール用のボールというと、どんな形の何色を想像するでしょうか。

東洋の魔女・ミュンヘンの奇跡と、日本のバレーボールが世界から恐れられていたことは、いまだ皆さんの記憶に新しいかと思いますが、当時は↓のようなボールを使っていました。

%e7%99%bd%e3%83%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%b3

真っ白のシンプルなボールですね。

私も使ったことがありますが、固めの革でとにかく手が痛かったです。

 

それが90年代になると↓このように代わります。

%e3%83%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%b34          %e6%97%a7%e3%83%9f%e3%82%ab%e3%82%b5

カラーにすることにより見映えをよくし、バレーボール人気をさらに高めようとする狙いがあったようです。

競技者としてはボールの回転が見えやすくなり、軌道の変化を予測しやすい等メリットも多くありました。

また感触もややソフトになり、肌にやさしい作りとなっていました。

私が一番練習に使った馴染み深いボールです。

 

さらにこれが2010年ごろになると↓

%e3%83%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%b32               %e3%83%9f%e3%82%ab%e3%82%b52

これまでの常識を覆す、奇抜なデザインとなってます。

使用されている色に変化はありませんが、実に目が回りそうな形状です。

もちろん、この形はメーカーが長年かけて研究した末に辿り着いたもので、従来のものよりグリップ力に優れ、空気抵抗も少なく自分の思い描いたとおりにコントロール出来るよう、工夫がされているようです。

私も大学時代から現在まで使用していますが、非常に扱いやすいと思います。

%e3%83%9f%e3%82%ab%e3%82%b53

 

数あるスポーツの中で、割とテレビ放映が多いバレーボール。

目にする機会はあっても、なかなかこういった細かい技術の進歩には気がつかないものです。

イケメンやかわいい選手を探したり、応援サポーターのジャニーズに注目するのも良いですが、たまにはこういった部分に目を向けてみるのも、新しい発見があって面白いと思います。

 

皆さんが学生のころ、授業で使っていたのはどんな形でしたか?

飯田

%e3%83%a2%e3%83%ab%e3%83%86%e3%83%b33

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中